金融商品の種類について

金融関係の銀行の種類について

  • トップ

金融機関としての銀行の種類

銀行と一口に言っても様々な種類があります。日本で一番大きな物が日銀です。日銀は金融機関のトップという位置にあり、一般人が利用することはありません。一般人が利用する物は普通銀行と呼ばれます。分類としては都市と地方の二つにわかれます。金融機関の中でも大都市に本店をもっており、全国に支店を持っているのが都市で地方中心に活動しているのが地方、またその下に信用組合などから発生した第二地方があります近年増えてきたネットバンクなどは新たな形態というカテゴリーに入っておりこれは別です。他には信託を中心とする機関や外資系も別カテゴリーになります。

投資の対象は至る所に存在する

金融商品の種類については身近な財布代わりのものでは普通預金や貯蓄預金、通常貯蓄預金や通常貯金、MMFにMRF、中期国債ファンド等があります。積立式の商品には自動積立定期預金やオート定期貯金、積立貯金、公社債投信、株式累積投資、財形一般貯蓄、財形年金貯蓄、財形住宅貯蓄、純金積立、持株会、金銭信託などがあります。投資性の商品では株式や転換社債、株式ミニ投資やオープン投信、スポット投信や外国債券、外貨預金、外貨建てMMF、インデックスファンド、セレクトファンド、株式累積投資があり、その他にニュー定期を始め確実な商品というものもあります。金融商品を購入する際にはそのリスクの内容を調べ、慎重に行う必要があります。

↑PAGE TOP